二つの方向性

看護師のキャリアアップには大きく分けて二通りの道があります。
一つは、病院に勤務する「看護師」という肩書のまま職位を上げたり、専門のスキルを身につけて看護技術を極める方法です。
そしてもう一つは、看護師としての知識や経験を活かし、保健師や訪問看護師といった別の肩書を持つことで病院の外でも活躍していく道です。

<看護師の専門性を伸ばす方向>

看護師も経験を積み、ベテランになってくると昇格があります。病院によって違いはありますが、看護師は一般的に「主任→看護師長→看護部長」といった流れで職位が上がります。昇格に関しては各病院で一定の認定試験や研修制度を設けていることもありますが、経験年数や実績によって任命されることもあるようです。看護師長や看護部長クラスになると、スタッフのマネジメントや病院の経営にも関与することになるので看護技術以外のスキルも必要です。

また、特定の分野での看護技術を高めたいと思っているなら、認定看護師や専門看護師への道があります。これらは日本看護協会が定める制度で、ある特定の分野に関して高い技術を持っていることを証明するものです。認定看護師には現在21の分野が指定されていて、その分野で一定の経験を積んだ上で目指すことができます。一方、専門看護師には11の特定分野があります。専門看護師は認定看護師に比べると研究的な側面と指導的役割が強く求められていて、看護レベルの全体的な向上を担う存在でもあります。専門看護師になるためには大学院の修士課程を修了することが必要で、認定看護師よりも狭き門となっています。

これ以外にも特定分野を極める道があり、例えば救急救命のエキスパートであるフライトナースなどもその一つです。いずれにしろ、何か特定分野を極めるためにはその分野に関する多くの経験や知識が必要とされるため、日々の勉強や研鑽が欠かせません。そのため勉強と成長を支援してくれる病院への転職はとてもポピュラーでもある。

<看護師の経験を活かす方向>

看護師の経験を活かしたキャリアアップと言えば、保健師と助産師がその代表格でしょう。どちらも前提として看護師資格が必要で、専門のカリキュラムをこなすことで受験資格を得ます。保健師は看護師とは違い、公衆衛生や保健指導を主な仕事としています。保健所や地域の保健センターなどで病気の予防に関した仕事をする他、ひきこもりや自殺予防といった精神保健面の活動もしています。助産師は出産の援助の他、妊産婦への保健指導や育児相談なども担当する仕事です。また、助産師は開業権を持っているので個人で助産所を開設することができます。
保健師も助産師も、以前は看護師が新たに勉強して転職することが多くありましたが、最近は看護大学で同時に履修してしまい看護師と同時に保健師または助産師になるという傾向になってきています。

その他としては、在宅医療に携わる訪問看護師、新薬開発に関わる治験コーディネーター、さらに地域の高齢者を支えるために地域包括支援センターで働くという方法もあり、看護師のキャリアアップの場は広がっています。それでは、ここからは具体的にそれぞれの仕事について見ていくことにしましょう。